Fujiwara-Rothchild, Ltd.
ホーム
会社概要
お問い合わせ
アクセス
オンラインレポート

(市場調査レポート)
「光ディスクの新成長シナリオ2011」
第2章 光ディスクの将来展望の検討編

新成長シナリオ2011としては、第1章/第2章の2部構成で、定価60万円(電子ファイル版付きは70万円)
第1章のみのご購入は、定価35万円 (2012年1月31日発行)
第2章のみのご購入は、定価35万円 (2012年2月15日発行)
となります。電子ファイル版付きはそれぞれ5万円のプラスとなります。

第2章 概要

本レポートは、民生市場、業務用市場における光ディスクの利用価値の変化の動向を、ネット配信を含めた他のストレージとの比較において分析し、新たな技術開発の動向を踏まえた上で、今後のストレージ市場における光ディスクの本質的な価値創造を可能にするアプリケーションとその動向と可能性について分析を加えています。その意味で、業務用アーカイブの可能性について重点を置いています。
  • 光ディスクアプリケーションの動向分析
    • 光ディスクアプリケーションの課題
    • 光ディスクの役割
  • コンテンツ・ディストリビューションの動向分析
    • コンテンツ・ディストリビューション概況
    • フィジカル・メディアとオンラインによる映像配信サービス
    • 2011 年の動き
  • 最新の開発状況の整理
    • アプリケーションロードマップ提案
    • ISOM2011 開発発表内容の概要と分類
    • 光ディスク開発の内容とその将来性
  • 各種ストレージの現状と進化
    • 民生市場におけるPC の進化とストレージの役割
    • ストレージ全体の技術動向
      • 直近の HDD 生産動向
      • 全体の開発動向
      • HDD
      • SSD
      • LTO
      • HDD、SSD、TAPE の比較
  • 業務用光ディスクアーカイブの動向
    • 業務用光ストレージ概論
    • マス(マーケット)からエンタープライズへ
    • 業務用市場への新たなアプローチ
    • 光ディスクアーカイブシステム
Copyright © 2014 Fujiwara-Rothchild, Ltd. All rights reserved.