オンラインレポート

FacebookがBDアーカイブ試作機を公開

Facebookは、2014年1月28日に、San Joseにて開催されたOpen Compute Project summit meetingで、 Facebook副社長のJay Parikhは、10,000枚のBlu-ray discを収納しPB(ペタバイト)の容量を持つ Blu-ray disc storage system のプロトタイプを試作したと発表した。将来的には、 フラッシュメモリの低消費電力バージョンとして期待されている。

このシステムは、Facebookが保有する膨大な量のユーザの写真やビデオを保管する、 いわゆるCold storageのオプションの一つとして設計された。現在のCold storageに比べると、 コストを50%削減し、エネルギー消費は80%削減する。今年後半には稼働テストを実施する。 Blu-ray storage systemは、その容量が5PBに拡大することを期待できるとしている。メディア寿命は50年である。

光ディスクアーカイブシステムが持つ、低消費電力、低コスト、長期保存性などの特徴を活かし、 かつCold storageとしてのアクセス性を有するストレージとして、一つの新しい方向性を示したものとして注目される。

データ量の急激な増大にともなう地球規模のエネルギー消費の課題に応えるため、今後、Blu-ray storage systemはその拡大のスピードを高めると期待される。

FacebookがBDアーカイブ試作機を公開